今日は節分です。

節分て本来どういう意味があるのかな???と思い、調べてみました。

「各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。

江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ころ)の前日を指すことが多い。一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら、福豆(煎り大豆)を撒いて年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。」

続いて、最近広まり、すっかり定着した感のある恵方巻についても調べてみました。

「恵方巻とは節分に食べると縁起が良いとされている太巻き(巻き寿司)。恵方巻という名称およびその風習は1998年(平成10年)にコンビニが商品名に「まるかぶり寿司恵方巻」と採用したことにより、2000年以降急速に広まった。」

私の小さい頃は、恵方巻なんて知りませんでした。今日はスーパーで恵方巻を買い、豆をまいて厄除けしようと思います。                               (H)